基本情報の入力

会員登録済みの方はこちら

会員登録済みの方はこちら

レジュメビルダーをご利用するには会員登録が必要になります。

すでに会員登録済みの方はこちらからログインし、ページ下部の「レジュメビルダーで職務経歴書を作成」からご利用ください。

画面

会員でない方は、必須項目を全て入力して次へお進みください。

基本情報の入力

会員情報

名前必須
セイ
メイ
会員情報ID(メールアドレス)必須

※各種メッセージ通知にも使用します。常時確認できるメールアドレスをご登録ください。(勤務先以外のメールアドレスを推奨します)
※差出人名称「doda編集部」(メールアドレス:editor@doda.jp)から、あなたの活動状況に合わせて、転職に役立つ情報をメールでお送りします。

パスワード必須

※半角英数(6~12文字)

利用規約必須印刷ページ

基本情報の入力

職務経歴

現在の勤務状況必須

※離職中の方は、以下前職の情報をご入力ください。

転職回数必須

直近の職務経歴

勤務先会社名必須
業種(大項目)必須

業種(小項目)必須
職種(大項目)必須

職種(中項目)必須

職種(小項目)必須
年収必須
万円

次へお進みください

全ての必須項目をご入力ください

希望職種|大項目の入力

職務経歴書を作成するために希望する大項目の職種を選択ください。

希望職種|小項目の入力

職務経歴書を作成するために希望する小項目の職種を選択ください。

職務経歴の要約

職務経歴の要約は、人事担当の多くが最初に見る項目です。書類通過するためには、まず興味を持ってもらえる要約を作ることが重要です!
あなたの強みや経験、実績を200~400文字程度で簡潔かつ魅力的にまとめましょう。

会社情報|勤務期間

勤務期間は、入社年月日が新しい順に時系列で入力します。

会社情報|会社名

会社名は、略称や通称ではなく、正式名称を書きます。
㈱ ㈲ と略さずに「株式会社」「有限会社」と正確に入力してください。

会社情報|事業内容

事業内容は、1行で簡潔に入力してください。
事業内容が幅広い場合や、複数の異なる事業を行っている場合は、 「総合情報サービス」「総合商社」などの言葉を使うか、もしくは、事業内容を列挙してください。

会社情報|資本金

資本金の情報収集が困難な場合や分からない場合は、入力しなくても構いません。

会社情報|売上高

売上高の情報収集が困難な場合や分からない場合は、入力しなくても構いません。
グループ企業の親会社の場合は、連結売上高、単体売上高のどちらでも構いません。

会社情報|従業員数

従業員数は、正社員、契約社員、アルバイト、パートタイマーなどの非正規の社員も含んだ人数です。
従業員数の情報収集が困難な場合や分からない場合は、入力しなくても構いません。
グループ企業の親会社の場合は、連結従業員数、単体従業員数のどちらでも構いません。

会社情報|上場種別

在籍していた会社の株式公開状況を入力します。
グループ上場企業の子会社の方の場合は、 在籍していた子会社自身の株式公開状況について入力してください。

職務経歴情報|勤務期間

職務経歴の期間は、業務内容が新しい順に時系列で入力します。

職務経歴情報|所属/担当

この業務に従事していた時の部署名・役職を1行で簡潔に入力してください。
なお、業務内容が変わらず部署名のみが変更となった場合は、 部署名をすべて列挙する必要はなく、直近の部署を選んで入力してください。

職務経歴情報|業務内容

業務内容では、自分が取り組んだことや、実績について具体的に入力してください。
人事担当者は、再現性のある成果を求めているため、取り組みと成果が連動していると良いでしょう。
客観的に成果を理解してもらうためには、できる限り数値化し、入力することで説得力が増します。
だだし、手がけてきた業務をすべて入力する必要はありません。特にアピールしたい業務を選んで入力するようにしましょう。

職務経歴情報|メンバー|役割

職位/役割は、所属していた部門の構成(人数)やあなたの役割を1行で簡潔に入力してください。
人事担当者は、組織規模、ご自身のポジションで、大まかなスキル・経験値を理解しようとしています。

職務経歴情報|担当フェーズ

このプロジェクトの担当工程を具体的に記載しておくことで、あなたのスキルレベルがイメージしやすくなります。

職務経歴情報|開発環境

このプロジェクトの開発環境を具体的に記載しておくことで、あなたのスキルレベルがイメージしやすくなります。

職務経歴情報|メンバー/役割

このプロジェクトの規模を伝えるために、あなたの役割やその時のメンバー構成(人数)を簡潔に入力してください。

技術種別

これまで習得した技術をまとめることで、人事担当者にあなたのスキルレベルを分かりやすく伝えることができます。 言語, DB, OS, その他の選択肢から選んでください。

言語環境

言語環境を入力することで、あなたの得意分野を具体的に伝えることができます。

期間

期間は、習得した技術の経験期間を入力してください。

レベル

どの技術がどの程度使えるかを正確に伝えることで企業があなたの強みを見つけやすくなります。

業務経験

業務経験「あり」「なし」のフラグがスキルレベルに追加されるため、スキルレベルをさらに分かりやすく伝えることができます。

所有資格

所有資格は、選考の重要なポイントになることがあります。
応募求人に関連性の高い資格がある場合には、正確に入力しましょう。

活かせる経験・知識・技術

活かせる経験・知識・技術は、企業が求めているスキルや経験を中心に、 これまで培ってきた自分の強みをアピールします。
具体的には、以下のポイントを簡潔にまとめて入力してみましょう。

・応募する職務内容にマッチしているスキル・経験を優先する
・身につけた知識や技術は、応募する会社でどう活用できるのかをまとめる

自己PR

自己PRは、「どのような視点で業務に取り組んできたのか」や「自ら考え取り組んだ内容」を具体的にアピールしてみましょう。
また、マネジメント能力は評価されるため、過去に経験がある場合、どのような管理・指導を行ったのかを入力するようにしてください。
他にも、業務以外に独学で勉強をしていることや自己研鑽していることがあれば、あなたのアピール材料となります。